風が吹けば桶屋がもうかる

風が吹けば桶屋がもうかる
この経緯を最初に知った時は少々驚いた! 複雑すぎる!

今日は胃もたれしている。
このわけは 風が吹けば桶屋がもうかるほど長い話ではない。

日本の海が温かくなっているらしい。
サワラやタイ、そのせいで以前よりたくさん獲れるとか。
なるほど、タイの刺身が近頃買いやすい値段ででていることがしばしばある。

昔むかし、吉兆の商売の始めは鯛茶漬け屋というのを聞いて、鯛茶ってどんなかなぁ・・と。
親に聞くと、ミナミで一度食べたことがあると言う。
なかなかおいしいものらしい。

おいしいものを食べたら、機会を見てこどもにも食べさせてくれる、今にして思えばよい親だった。
が、鯛茶はずっと機会がなかった。

それからどのくらい月日が経ったかさだかでない。
ある日、ふと思い立って、マグ茶、鯛茶、刺身のお茶漬けで有名とかいう竹葉亭へ行ってみた。
まぐろの切り身をしょうゆのごまだれにに漬けて熱いお茶をかける。
期待したほどではない。そこそこ。なにより高い!
たまたま見た雑誌に、竹葉亭だったか他の有名店か忘れたが、取材した作り方が載っていた。
複雑-----
とにかく作ってみた。まあ似たような味ではある。

タイのほうがマグロより、醤油ごまだれには合うのではないか。
そう思って試してみた。
おいしい!

瓶詰めのすりごまをしょうゆでのばして、そこへタイの刺身を入れてからめる。
熱いごはんを大き目の茶碗に少なめ。刺身を数切れのせる。
さらに、のりをちぎってのせる。わさびを少々。
熱い煎茶をかける。

おいしい!
刺身にあうのは、お酒ではなく、熱い白いごはん☆と思っている。
が、この鯛茶、勝るとも劣らず!

このごろ、夕飯には、おかずの後、ごはんはほんのちょっと。大さじ3ばいくらい。
それが今日は鯛茶をおかわりしてしまった。

書いてみればなかなか長い話である。 
恥ずかしい。
[PR]

by mamineko110 | 2010-07-15 22:50 | うだうだ | Comments(2)

Commented by sidediscussion at 2010-08-14 14:16
久しぶりにお邪魔します。ご無沙汰しておりました。
台風が来ても、三味線弾きも、桶屋さんも居ないから、現代のひとには通じないでしょうね。でも面白いですね。

蜂に刺されるなんて、その程度で終わってよかったですね。蜂はこわいです。
Commented by mamineko110 at 2010-09-13 12:10
このごろみなさんのところで読み逃げばかりしております。
スミマセン
ハチさされ、実はそのあとまた腫れてきて、よくなるのには数日かかりました。
庭にオオスズメバチが何日か連続で飛来して、巣を作られると大ごと!と」恐れていました。狩りに来ただけのようで大丈夫みたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。