読書ノート

右を向いて左を向くと、右を向いていた時に考えていたことを忘れます。
ましてや、本を読んで、そこに何が書いてあったかを憶えておくことは至難の業。
それ以上に、読んでいる途中もなかなか頭に入りません。集中力もないのです。

そこで、要所、要所を抜書きしておくことにしました。
さすがに書いている時は、その文章に集中しています。そして書き終わったあとも、何
が書いてあったか、書かない時とは大違いで憶えています。
まだしていませんが、それについて自分の考えもまとめてみると、さらに印象が強くな
るに違いありません。

ただ、大大難点は、 時間がいっぱいかかること。
いつもいつもはとてもやってられません。
[PR]

by mamineko110 | 2005-07-10 23:27 | うだうだ | Comments(2)

Commented by 青い星くず at 2005-07-12 17:29 x
読書をして、内容をすぐ忘れるのは私も同じです。
夏目漱石の「門」、「それから」「坑夫」 etc. は何度読んでもすぐ忘れます。読んでいる最中は面白いと思っているのですが...。
一時期、本そのものに感想を書き入れていたことがありました。
少しは違うようですが、当然本が汚れます。
Commented by りよんこ at 2005-07-13 05:09 x
私もとにかく、手帳に何でも、書き込みます。買い物類、職員に頼まれた文具、書き込みしなかったらまず忘れてしまいます。人の名前もなかなか出てこない。薬の名前も、出てこない。悲しい現実です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。