学力二極化は所得格差が原因?

Excite エキサイト : 社会ニュース
子どもの学力について「勉強ができる子」と「できない子」の二極化が進んでいると感じている人が60%を超え、うち70%近くは「家庭の所得格差が原因」と考えていることが27日、有識者らでつくる「日本の教育を考える10人委員会」(委員長・佐和隆光立命館大教授)の義務教育アンケートで分かった
この「二極化」に所得格差が寄与しているとすると、それは公立学校の教員の意識にも原因があると思う。
公立の進学実績のよい高校。これは、教員の努力によるものでなく、もともと偏差値の輪切りの上位の生徒が入学しているからだ。
対して、私立。最上位の学校(灘、筑駒とかをイメージ。筑駒は国立だけど)はそれほど面倒見がよいわけではないようだが、概して学校側は親や生徒が何を期待して入学したか十分に意識して、それに応えようとしていると思う。何かはもちろん、大学進学である。私立学校の中では、例えば西大和のように、塾に行かなくても学校がきめ細かく見てくれるところもある。
公立校も、親や生徒が期待していることに変わりがあるわけではない。
それなのに、学校側=教師の側のほうの意識が違うように思う。また、実際にそういう発言を聞いたことがある。「私立は上位(m註 偏差値上位)の学校へこどもを入れることが期待されているけれど、公立はそうではない」
「そんな ばかな!!」と思う。
私立は進学実績を上げる学校間の競争に勝たないと、生徒が減り、経営に関わるという意識がある。
対して、公立はそれがない! 
生徒が教員に何を望むか それは一番には ちゃんと勉強を教えてくれる だろう。学校へは勉強を習いに行っているのだ。
学校で満足の行く教え方、面度見がされていれば、だれも塾や予備校に行きはしない。
所得格差の学力への影響を少なくするためには、公立校で塾へ行かずとも、希望する大学へ行けるようにする。サンデー毎日の有名大学合格者高校一覧の上位が公立校で占められるようにすることが必要だ。
[PR]

by mamineko110 | 2006-05-28 00:01 | Comments(6)

Commented by gagamo at 2006-05-28 07:42 x
3人の子供を持っている、一人の親として「学校」について感じている事は…。先生は保護者に気を使っているって事。「親の怒り」に触れないように、授業内容や、イベント、連絡事項、を考えているように思えます。本来の勉学の場ではなく、子供の一時預かり所みたいになっている学校が多いように感じます。また子供お安全を守るために、ピリピリしている。親は学びの場として期待をせずに、塾で学ばせているように感じます。危険な人を生んでしまった世の中の改善と、本来の「学ぶ場」が取り戻せたら、子供の将来は明るくなるような気がしますが、これが結構、厄介なんでしょうね。
Commented by mamineko110 at 2006-05-28 10:52
「学校」とは、たぶん小学校のことなんでしょうね。
おっしゃること、わかります。
親への配慮に使うエネルギーが大きい - そうでしょうね。小学校の場合、生徒(児童)の年令が低いため、親が全面にでてくる。自分自身がこどものことに割くエネルギーは小さいのに、教師への要求は大きい人も目立ちますし。
「一時預かり所」 そうです。 そうかもしれませんね。 
勉強だけでなく、家事その他、なんでも、こどもに教えるにはエネルギーがいります。それを自分以外に求める人が多いようにも思います。
自分の人生、生活ももちろん大切ですが、こどもを育てることにも多くを割いてほしいです。
生まれてくることについて、「生まれたいか、生まれてきたいくないか」尋ねられて生まれてきた子どもなんていないのですから。
そうなれば、学校はよりよい「学びの場」であるために、今よりは集中できるのではないでしょうか。
Commented by gabefunyaa at 2006-05-29 06:30
学力で輪切りになっていないならええんかい?・・・という壮大な実験が総合選抜だったわけですが,これがいまやなくなろうとしております。
面倒見良く学力をつけてくれる学校、という風に私立にプラスイメージをおもちのようですが,こういうヒトもいます私の田舎では・・・「あそこは(特定の伸びそうな生徒を)勉強ばっかりさせて、学校の名前を挙げようとしている」という意見があったりもします。まあ、私企業ですから,売名してナンボ、なんですけど、公共性をもうちょっと重視しろと・・・。
Commented by mamitomo110 at 2006-05-29 08:20 x
そうですね。聞いた話では、江戸川取手は、一部の生徒(濃厚指導すれば東大へ入る可能性のある生徒)に、優秀な教師を配置してきめ細かく指導するなど、特別、力を入れるとか。その話をしてくれた人(江戸取の生徒の親)は、「わたしたちから集めたお金を一部に集中して、学校の名前をあげようとしている!」
水戸の某校では、成績優秀と見込んだ子どもを授業料免除のみならず、
こづかいまで与えて(注 さすがに名目は奨学金でしょうね)勧誘しているとか。「でも、結局そういうことはみんな知ってるから、その小遣いはね、ちゃんと恐喝する子がいてとりあげちゃうのよね。世の中うまくできてるわ」
この話はちょっとできすぎのような気がします。
予備校などが、授業料免除などして、成績の良い生徒を集めるのは、別に非難されるべきことではないでしょう。
一方、いかに私立校とは言え、中高が、そのようなことをするのは、多大な税金が注入されている以上、許されてはなりません。
Commented by 昔話 at 2006-10-27 19:52 x
学力二極化は所得格差が原因だって、少なくても25年前には言われてましたよ。私が中学生の頃です。環境問題も、教育問題も、少子化問題も、「ほぼ確実に予測できること」として、何十年も前から問題が指摘され続けているんですよね。その段階で評論家はいても解答は提示できないので、その指摘が一般人に実感できる頃にはも、もう遅い。難しい問題ですよね~。
Commented by やまと at 2008-08-31 18:29 x
逆でしょ。私立進学校は落ちこぼれも多いし学校側は面倒見ないけど、そのうち自分で勉強していい大学に行くんです。もともと素質がありますから。公立は必至ですよ。先生方も熱心。うらやましいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。