ふと気がつくと寝ている

このごろ おふろに入ると必ずと言っていいほど眠りこんでいます。いつのまにか意識がない。
交通事故で死ぬ人より、おふろで意識がなくなって溺死する人の数の方が多いらしいけど、全然おぼれそうな気はしない。体勢はくずれてないもんね。
でも、とにかくよく眠りこんでしまう。本を読んでいて、座った姿勢のまま、いつのまにか・・ということもある。睡眠時間は十分なのに。  老化現象かなあ~  
眠りこむことがなければ、もっと一日いちにち、時間が有効に使えるのに・・・ 難儀です。
[PR]

by mamineko110 | 2007-11-21 23:37 | うだうだ | Comments(11)

Commented by mariko0204 at 2007-11-22 09:22
わたしも同じですねえ。
お風呂でほんの数秒意識のないほど眠ってしまう。
ごはんを食べた後、本を読んでる最中、わずかな時間熟睡する。
前はそんなことなかったのに、なんで~、と思っていたけれど
老化現象、なんですか。
わたしはてっきり緊張に欠けている生活のせいかと思っていました。
Commented by kero0131 at 2007-11-22 22:19
あはは、ワタシも同じです。しかも、体勢くずれてるし^_^;
きっと、危ないと思ってます。
それに、毎日の通勤電車の中で、座ると必ず寝てしまいます。
やっぱり、老化現象なんでしょうね。・・・ワタシの場合。
Commented by クミキータ at 2007-11-22 23:34 x
夕食後、気がついたら床で倒れてる・・・
床暖房なのでカゼひく心配はないが、喉はカラカラ・・・
以前はこんなこと無かった。お年のせいにしています。
Commented by Side Diccussion at 2007-11-23 16:27 x
湯船につかって寝る幸せ、いいですね。私は現在湯船のない生活です。シャワーは暖かく、水量も十分ですが、立ったままでは居眠りできません。
Commented by mamineko110 at 2007-11-24 23:20
こんなにお仲間がいはるとは思いませんでした。
う~ わたしのばやい 老化と緊張感にかけた生活態度・・・

Side Diccussion さま
夏の間は、ほとんど湯船にお湯をはりませんが、寒くなってきましたので。
ハンガリーでは、湯船がないのが普通なのでしょうか? 温泉はない国なのでしょうか?
すみません。実は昨夜は芦ノ湖畔の温泉につかってました。
Commented by Sidediscussion at 2007-11-25 08:03
ハンガリーの普通のお宅にはバスタブがあります。 私はバスタブのないホテル暮らしですから。 この国には温泉で有名な観光地があります。水着を着て入るのです。湖が温泉のところは、浮きを持って。でも日本の温泉のように熱くないので、長時間つかってるそうです。
Commented by mamineko110 at 2007-11-26 23:47
浮きを持って温泉に入るのって 楽しそうですね。
温泉があるということは、火山があって地震もあるのですね。水着を着ているほうが、性別に関わりなく一緒に入れていいと思います。
Commented by harunoyokihi06 at 2007-11-27 00:10
私も仲間です。
お風呂では20分くらいなら平気です。
お湯が唇に達しますと必ず目覚めます。(笑)

ご飯の後、椅子に腰掛けても、座っていてもすぐ睡魔に襲われます。
今日も2.5キロを自転車で往復(5キロ)したので夕食後は曝睡しました。
Commented by mamineko110 at 2007-11-29 00:15
おほ!  仲間が増えてます
昨夜は 9時過ぎに帰宅して 椅子にすわったまま、1時間ほど寝ていました。寒くて目が醒めた。
Commented by †) 美幸 at 2007-12-01 11:16 x
わはは。(^O^)
みんな、どこででも寝られる特技がおありなのかな? (?_?) f(^_^;)

私も、お姉さま達くらいの年になったら同じことになっちゃうかしら…? (^O^)
(なんて、勝手に私が年下だと決め付けている… m(_ _)m )

電車の中で座って寝てる人は多いですね。
でも、これは老若男女関係ないみたいです…♪♪ (^_-)-!!
Commented by mamineko110 at 2007-12-05 22:44
美幸さんのお歳が見当つきませんので・・・
同窓会なんかだと、多少誤差はあっても、卒業年次でわかっちゃいます
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。