階段から落ちる

今日 自宅の玄関から門へのアプローチ、わずか三段の階段。最後の段を踏み損なった。
何年か前から時々階段を降り損なう。名古屋弁では、こういうのを「すかてん食う」と言うのだと思う。母の出里が名古屋なので最初に出会った言葉は名古屋弁なのだ。突然名古屋弁を思いだすことがある。
階段を落ちるのは結構こわい。

最近知人が二度も階段から落ちたのを聞いてからは尚更だ。一回目は腕を骨折。二回目は顔を三針。さらに、別の知人は頭を十三針縫ったという。
足が弱って かえって悪い結果になるのを恐れないではないけれど エレベーターのあるところでは、なるべく階段を降りないようにしている。

よくよく考えてみると、わたしが階段を降りそこなうのは、いつも自宅の階段だ。家の中の階段であることが多い。
幼稚園の時から高3の秋まで住んでいた家の階段は急で、踏み面も狭かった。二階が住居で、お風呂はなんと屋上(4階)。毎日のぼったり降りたりしていた。そのあと、結婚まで住んでいたのは三階部分。前の家よりはずっとゆるくなったけれど、やっぱり毎日上がり降り。
今の家の階段は、踏み面も広くて傾斜もゆっくりしている。わたしの体には、急な階段の上り降りが刻みこまれていて、ゆっくりした階段は調子がとりにくいのかもしれない。
と、思ったりもするけど、やっぱり老化かなぁ?

d0053578_0191811.jpg

地下鉄新お茶の水駅のエスカレーター。急傾斜で長い。ここで落ちると大けがは間違いない。
止まっていないで、歩いて降りるときもあるが、落ちそうになったことはない。
やっぱり 急な階段の上り降りは体がおぼえているのかなあ。
[PR]

by mamineko110 | 2008-05-16 00:11 | うだうだ | Comments(7)

Commented by mariko0204 at 2008-05-16 21:39
体が覚えている、ってことありますね。
わが家の階段は一段が高いので、段差の少ない階段を降りるとき
リズムのようなものが狂ってしまい、降り損なうという感じになります。
パッと適応できないのは、やっぱり老化かなぁ、と最近思っていたところでした。

Commented by 異邦人 at 2008-05-16 23:09 x
階段,特に下りの階段はあぶないあぶない.美人に気をとられて転倒なんてしたら目も当てられません.
エスカレーターは狭いから,落ちにくいと思われます.転倒してもどっかに引っかかる.
Commented by kero0131 at 2008-05-16 23:18
家の中で、死亡事故が一番多い場所が、階段だそうです。
どうぞ、お気をつけくださいな。・・って、自分にも言い聞かせてるワタシ。
先日、駅のエスカレーターが逆走した事故もありましたね。
そう考えると、右側を歩くのも怖くなりましたよ。
Commented by Side Discussion at 2008-05-17 03:32 x
わたしも「すかてん食わんように」気をつけないといけません。 いま、こんなところで、やっちゃったら大変です。
Commented by mamineko110 at 2008-05-19 00:52
皆さま 今のところ無事です。
marikoさん、お互いやっぱり老化なんでしょうか・・・げげ~
>家の中で、死亡事故が一番多い場所が、階段だそうです
そうなんですか・・なるほどという感じしますね。
おふろでの溺死は交通事故死より多いので、おふろが一番あぶない!と思ってました。外を歩いてるより、家の中の方があぶない ・・・
これは 論理的に正しい?

Commented by harunoyokihi06 at 2008-05-23 22:50
お久しぶりです。え?階段踏み外したの?
という私も5年くらい前お隣へ回覧板を持っていった帰り、サンダル履きがいけなかったようで、玄関前の階段を滑って『すてかん食いました』(笑)
そのときは背中を打ってでっかいシップをはったのですが、2次災害が起こりました。私はシップに負ける肌だったのです。
3日後には背中が四角くかぶれ ひどい目にあいました。

今私は家の中で階段の上り下りが頻繁です。だから友人達よりは足が強いかな?
maminekoさん、体が記憶しているのって本当らしいですよ。
お大事にね。
Commented by mamineko110 at 2008-05-26 00:10
harunoyokihiさん こんばんわ 
たいしたことはなかったのですが、「もっとひどい落ち方をするかも」とこわくなりました。
ほんとに急な階段からは落ちるような気がしないのです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。