法務省赤れんがまつり 花押

d0053578_16141610.jpg
5月25日、法務省赤れんがまつりへ行ってきました。以前から、あの赤レンガの内側へ一度入ってみたかったのです。いろいろなイベントがありましたが、一番興味をひかれたのは、赤れんが棟の資料展示室でした。おもしろいものがたくさんあります。
d0053578_16153761.jpg

d0053578_15392812.jpg
例えばこれ、大臣の花押なんですが、政治家は大臣になると花押を書かなければならないので、それなりの当選回数になると、しかるべき書家に依頼して作ってもらい書く練習をしている・・と 子どものころ、どこかで読んだ記憶があります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E6%8A%BC
実際の花押で見た記憶は足利尊氏とか徳川家康とか・・歴史の教科書に載ってたような気がします。http://www.daigoji.or.jp/history/j/takauji.html
ところが、これ、竹中さんのは、「竹」を草書体で書いているだけ。川口さんは、ただ「川」。小池百合子さんは、ローマ字のyuliから作ったように見えます。あ、井上さんも「井上」とくずし字で書いてるだけだ~ う、もっとよく見ると、金子さんのも「金」と書いてるだけみたい。
こういうことにお金をかけないようになってきている・・・ そういう考えの人が増えているのでしょうか?
ここへ入りたくて、半年前くらいから 赤れんがまつりの日を待っていました。ところが隣室での「検事総長と語ろう」を終えられて出てこられた検事総長と思しき方は、「毎日ここは公開しています」とおっしゃっていました。あれれ。

なぜか リンク がききませので、URLを貼っておきました。
[PR]

by mamineko110 | 2008-06-09 16:09 | 散歩