カテゴリ:植物( 19 )

人参

d0053578_0311815.jpg

「甘くておいしい」と種の袋のキャッチコピーにひかれて三寸人参を蒔きました。
今日、抜きましたが、袋の絵とは似ても似つかぬ・・・  
絵の人参は濃いおししそうなオレンジ色、ふっくり肥えてもいます。
写真だとまだマシに見えます・・・ 実物は食欲をそそりません。
さて どうやって食べましょうか?
[PR]

by mamineko110 | 2009-04-28 00:32 | 植物

ぬるぬる ぷりんぷりん の正体

書こうと思っていたことの 一つを 思い出しました。
あのぬるぬるぷりぷりんの正体です。
イシクラゲ です。なんと30億年前から存在するという・・・・ 地球に酸素をもたらした偉大なシアノバクテリア属
植物でなく、「細菌」だそうです。病気をおこしたりするものではないとか。
植物でない・・・ 藻 というイメージ・・・ 藻は水中の植物だと思ってましたが、違うのかな?

いろいろな検索ワードを試した後、「庭 藍藻」といれました。
そこで「イシクラゲ」という名前を見つけ、今度は「イシクラゲ」で検索、写真や説明のあるものにたどり着きました。
きくらげ とは近いのでしょうか? 近くないかな?
あおさとか、戻しすぎのわかめに似ていると思いましたが、食べられるそうです。
なんでも試してみる人っているんですね~ ポン酢で食べてはります。三倍酢の方も
そういう方々のおかげで食用になったおいしいものの数々
感謝です。
[PR]

by mamineko110 | 2007-08-07 13:35 | 植物

ダンゴとワラジ 

今年は我家の近所ではダンゴ虫が猛威をふるっています。・・・と思う。
暖冬の年は害虫が多い とも聞きます。
ワラジ虫とダンゴ虫では、ワラジの方が多かったはずなのに、今年はダンゴばかり。ワラジの姿を見かけません。
2年前、せっかく播いた枝豆をダンゴに軸だけにされた悲しみの中でこのブログを始めました。
その時は土中の有機物が少なくなると被害がでるように記述されていました。今年、改めて見ると武田薬品のダンゴ虫のページも改訂されて、はっきり愛敬のある虫のため、意外に思うかも知れませんが実は作物の害虫なのです。と書かれています。
わたしのうちでは、アサガオがひどいことになりました。今年は緑のカーテンはあきらめねばなりません。秋から生き残っているポリアンサは大好物らしくぼろぼろ。野生のスミレは切り株状態。しゃらの根元に生えてきたマッシュルーム状のきのこも食べられていました。
木の下に落ちているやまももにもたかっています。果実は栄養がありそうで、大繁殖、爆発的増加の原因になりそうな気がして・・・必死で拾ってゴミに出しています。
ひょっとして、ダンゴ虫は勢力拡大中ではないでしょうか? ここへ越してきたころ、一昨年までは、アサガオの種を蒔いてほとんど全滅なんてことはありませんでした。ワラジの方が多かったような気がします。
8年以前、同じ市内の社宅に住んでいました。雨上がりに外へ出ると、外壁にびっしりワラジがたかっていて、ぞぉーっとするのはいつものこと、どこに隙間があるのか家の中で乾燥死体を見つけたり。
今、雨あがりに玄関からでると、コンクリートの上にわーっといます。箒で掃くと、丸くなってころころと転がります。ダンゴです。ワラジ見ないなぁ~
d0053578_19392846.jpgダンゴに食われたきのこです。白いところ、みんな食べられました。
もうちょっとちゃんとピント合わせないといけませんね。
手ぶれかもしれません。
写真がまずい!
だけでなく、ダンゴとワラジのことで熱弁をふるって・・・・・・
恥ずかしい
[PR]

by mamineko110 | 2007-07-14 19:36 | 植物

今年もやまもも

ふと気づくと、葉の間に赤い実が・・・今年もやまももが生っています。木の下にはいつの間にか何個も実が落ちています。
昨年に引き続き、今年もあまりたくさん生りません。しかも高いところが多い。
幸い、道路側が少なくあまり目立ちません。春の花桃のほうがよほど派手なのですが、実の方が関心を引くらしく 一言も二言も言いながら足を止める人。ゆっくり通り過ぎる人。
人の声に気づく季節です。 1年経つのは早いものです。

普段は、わが猫のネコ撫でられ声が聞こえてきたりするのですが・・・
夕方になると、門の外や端近くに行っています。どうも ネコ好きさんたちが通りかかるのを待っているらしいです。「あれ~甘い声(声がかわいいネコです)出してるよー」と思って、そちらを見ると よそのおばさんがいます。「かわいい~」と言われるのが好きみたい。頭を撫でられたりしていることさえあります。ネコはなかなか行きずりの人に我が身をさわらせたりしないものですが・・・
もっとも相手が小学生以下の場合、門の外へは出ません。女性限定のようでもあります。
わたしが見ているのに気づくと、たいていの人は恥ずかしそうに一言二言言って立去ります。ネコのほうは平気な顔です。
d0053578_1121936.jpg
去年のやまももの季節から、やまももつながりのブログへお邪魔するようになりました。
最近ではさらにそのお友達のところへも出没しています。 
1年経ったのだなぁ~とつくづく思います。
[PR]

by mamineko110 | 2007-06-26 01:00 | 植物

流山のバラ

そういえば15キロ歩いた前日もちょっとだけだけど 歩いたのでした。
筑波エキスプレスができたおかげでつぶれそうな流山鉄道と、その筑波エキスプレスの両方に乗って、よそのおうちの庭を見てまわりました。
よそのお宅のバラはすてきです。有名などこかしこのバラ園より魅かれます。
d0053578_23574389.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2007-05-27 00:03 | 植物

5月の庭

こうやって並べてしまうと、それぞれの花の大きさの違いがわかりませんね。
d0053578_22512482.jpg
d0053578_2251468.jpg
d0053578_2252111.jpg
d0053578_22522974.jpg
d0053578_2253165.jpg
d0053578_22533446.jpg
d0053578_22534933.jpg
d0053578_230340.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2007-05-20 22:58 | 植物

庭の花

冬中ずっと咲き続けていたパンジー以外の花も咲いています。
d0053578_0133639.jpg

d0053578_0141944.jpg
この花の色。ツルニチニチは、青でなくて紫なのです。わたしのデジカメは色が実物と違って写ります。買い換えたら、そのままの色がでるかしら? どうでしょうね。
d0053578_0143295.jpg

下のほうに見える濃いピンクの小さいのはチューリップのつぼみです。小さい原種チューリップをあちこちに植えています。開花一番はこの親指姫のようです。
[PR]

by mamineko110 | 2007-03-09 00:15 | 植物

庭のやまもも

6月下旬は庭のやまももの実が赤くなる。今年は昨年に比べ、三分の一程の量でしかも実が小さい。
でもほおっておけないので、ぼつぼつ収穫する。高い梯子に乗って、小さい実を一個一個採るのは、そこそこ大変。毎年のことだが、実を採っていると通りがかりの人からよく声がかかる。やまももを知らない人が多い。
d0053578_3104626.jpg

前の公園でゲートボールをしている人らしい人が、「これはやまももと言うんだって」と言いながら、摘んで口にいれたらしい。「うわーすっぱい」と言っているのが、家の中まで聞こえた。多分、去年摘んでいるところへやってきて、木の名前を聞き「頂戴!」と言って食べた人だろう。黒っぽくなっているのでないと、とてもすっぱい。

d0053578_3114458.jpg1本の木でも、ずいぶんたくさん採れる。とったものを処理するのも大変。
友人に生の実を5キロほど送り、通りがかりの幼児連れの人に2キロほどもらってもらった。
シロップをネスカフェの瓶5本分ほど作った。煮て種を取るのはほんとに骨が折れる。
もう疲れたので、あとは、去年作ったやまもも酒のやまももは捨て、液体だけになっている中へ漬けるだけにした。これは楽。やまもも分が随分多い酒が出来上がることだろう。
[PR]

by mamineko110 | 2006-07-22 00:47 | 植物

庭の植物

d0053578_1315881.jpg

食用のゆりねを食べずに植えてみた。
6月28日
d0053578_1343972.jpg




クレマチス 緑の日に買った開花株を地植えしたら、また花が咲いた。
6月28日
d0053578_14115699.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2006-07-18 01:38 | 植物

庭の植物

d0053578_15183090.jpg今の季節、植物は元気がいい。植物につく虫も元気がいい。
ちょっと油断していると、虫に食べられてぼろぼろ。
パセリにつく虫は「いもむしの虎」と言いたくなるようなおそろしげな風貌をしている。
油断しているとすぐに軸だけにされてしまうので、マメに駆除しているのだが、それをかいくぐって、さなぎになっているのを見つけた。
と思ったら、穴が開いていて、中はからっぽ。さなぎを襲う敵がいて食べらてしまったのだろう。
キアゲハになるのはなかなか大変だ。
これは6月29日のことだった。
そして7月14日。
あじさいの花も終わったので、短く刈り込んだ。枝の一つにさなぎが着いているのをを発見した。
これもまた、穴が開いていた。あじさいにつく虫はどんな蝶や蛾になるはずだったのだろう。
d0053578_18568.jpg





今年のアサガオ。前年の種を蒔いたはずが、どういうわけか昨年優勢だった赤の花が一つもない。
不思議。
7月17日

d0053578_185754.jpg








ランタナ
昨秋買って室内で冬越しさせて、春に地植えした。ピンクのランタナは初めて。
白色のコバナオランタナに比べ、寒さに弱い。
橙色のランタナは4年目の冬を過ぎ、今春は芽吹かず枯れてしまった。
7月17日

d0053578_191465.jpg







ペチュニア
7月17日
[PR]

by mamineko110 | 2006-07-17 15:42 | 植物