カテゴリ:散歩( 11 )

久しぶりの科学博物館

d0053578_0363561.jpg
科学博物館へ「1970年大阪万博の万博の軌跡」を見に行ってきました。
万博の展示はちょっと期待はずれでした。
でも、20年ぶりくらいにじっくり見た通常展示は「良かった」です!
特別展はその間にも一度か二度来ていましたが、通常展は20年か15年ぶり。記憶にあるものより、建物はきれい、展示は充実しています。その時、NYのナチュラルヒストリーミュージアムに比べて「貧弱~」と感じたものでしたが、今回は「いやーなかなか」
d0053578_154724.jpg

日本観を一番上の階から降りてきました。一番印象に残ったのは、お恥ずかしいですが、裸の男性の人形。一番古い時代,採集狩猟で暮らしている家族の人形の展示ですが、着衣なし。
ギリシャ彫刻とか、堂々たる体躯は見たことがありますが、こんなリアルで庶民的なのは初めて。
リアルな人形の写真は気後れして撮れませんでした。
[PR]

by mamineko110 | 2009-02-07 00:58 | 散歩

ぐるっとパス

さなえさんのブログで知り、「ぐるっとパス」を何ヶ月か前に買いました。「メトロ&ぐるっとパス」のメトロの一日乗車件の一枚は、すぐ使ったけど、もう一枚の一日乗車券とぐるっとパスはよい季節になるのを待っていました。

いよいよ使用開始。東京駅からぽこぽこと歩いて、ブリジストン美術館。
ここは以前に「なんだか忘れたけど有名な絵」が出ているとき、長蛇の列に並んで入りました。
でも、そんなに昔のことではないのに、全て忘却の彼方。
なかなかよかったです。民間の美術館にしては、コストパフォーマンス上々。
平日の昼間で人が多くないせいもあるかもしれませんが、良い気分でした。

せっかく出てきたからと、もう一館。日本橋三越前までぽこぽこ。三井記念美術館。
あそこらへんって、三越、三越、三井本館、三井タワー(というのかな?)と、三井の壮麗なビルが並んでいます。来るたび感心します。
江戸時代から同じところに、呉服屋と両替屋があったんだ~ そういうすごさにも感心。

壮麗なビルの中へ入って隅っこから7階へ(たぶん7階、違ってるかも)。
エレベーターも年代ものをピカピカに手入れしているといった雰囲気。とってもとってもお金持ちげな建物です。受付のおねえさんたち、言葉は丁寧だけど、むさくるしいmaminekoをうざったく思ってるように、なんとなく感じました。
こちらは、平日昼間といえど、結構人が多い。「森川如春庵の世界」とかいうのをやっているので、お茶をやっているおばばさまがたが多数お見えのようでございます。
お茶道具、さほど興味はございません。茶杓、なつめ、振り出しとかは、日頃思っているようなサイズだったけれど、お茶碗が大きいように感じました。
森川如春庵って、尾張一宮のお金持ち。名古屋のひいばあちゃんは、森川という大地主の家から嫁に来たそうだ。後妻の子なので、ひいじいちゃんのような金持ちでない人のところへ来たとか。弟は東大を出て弁護士になったけど、おばあちゃんは女なので小学校しか行っていないとか。身内で唯一のお金持ち似関係ある話をいろいろ思い出した。ひょっとして、一族?

一日に二つ見ると疲れます。ブリジストンの余韻にひたって帰ったほうがよかったかも。
パック旅行の詰め込み方に比べると、まあたいしたことないけど。
[PR]

by mamineko110 | 2008-10-08 00:28 | 散歩

法務省赤れんがまつり 花押

d0053578_16141610.jpg
5月25日、法務省赤れんがまつりへ行ってきました。以前から、あの赤レンガの内側へ一度入ってみたかったのです。いろいろなイベントがありましたが、一番興味をひかれたのは、赤れんが棟の資料展示室でした。おもしろいものがたくさんあります。
d0053578_16153761.jpg

d0053578_15392812.jpg
例えばこれ、大臣の花押なんですが、政治家は大臣になると花押を書かなければならないので、それなりの当選回数になると、しかるべき書家に依頼して作ってもらい書く練習をしている・・と 子どものころ、どこかで読んだ記憶があります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E6%8A%BC
実際の花押で見た記憶は足利尊氏とか徳川家康とか・・歴史の教科書に載ってたような気がします。http://www.daigoji.or.jp/history/j/takauji.html
ところが、これ、竹中さんのは、「竹」を草書体で書いているだけ。川口さんは、ただ「川」。小池百合子さんは、ローマ字のyuliから作ったように見えます。あ、井上さんも「井上」とくずし字で書いてるだけだ~ う、もっとよく見ると、金子さんのも「金」と書いてるだけみたい。
こういうことにお金をかけないようになってきている・・・ そういう考えの人が増えているのでしょうか?
ここへ入りたくて、半年前くらいから 赤れんがまつりの日を待っていました。ところが隣室での「検事総長と語ろう」を終えられて出てこられた検事総長と思しき方は、「毎日ここは公開しています」とおっしゃっていました。あれれ。

なぜか リンク がききませので、URLを貼っておきました。
[PR]

by mamineko110 | 2008-06-09 16:09 | 散歩

丸の内散歩 

土曜日、天気がよかったので、東京駅まで行ったついでに丸の内を散歩。
d0053578_23531133.jpg

チューリップの鉢植えを並べて花壇を作っていました。
d0053578_23544668.jpg

たまたま通りかかって、「明治生命館」、見学してきました。
トーキョーはやっぱりすてきなところです。
[PR]

by mamineko110 | 2008-03-23 23:59 | 散歩

ここはどこでしょう?

d0053578_125981.jpg

2月のある日、ちゃんと言うと2月26日、わくわく 以前から一度行ってみたかったところへ行きました。 夜もでかける日で、あんまり好都合ではなかったのですけど、がんばりました。

ここは、首都圏外郭放水路  昨年だったか、使用開始前は、水路(地下のトンネル)にも入れたそうですが、現在はここ、調圧水槽の中だけです。「7階分の階段を下ります、パンツとスニーカーで来てください。」と言われましたが、たいしたことありません。地下3階くらいの実感。
実際は高さ25.4mだそうです。

この中川、綾瀬川流域は、昔は、荒川も利根川もここらを流れていたとか、土地が低く、すぐ浸水します。そこで、それぞれの川の横にたて穴を掘り、大水の時、そこへ流れ込むようにしたのが、この首都圏外郭放水路というわけ。たて穴から入った水は、国道16号の下に掘られた地下水路を通って、江戸川へ流します。用地の買収とかあるから、国道の下、掘ったんでしょうね。
d0053578_0191819.jpg
図の上でクリックすると大きくなって、字が読みやすくなります。

川とか防災とかの話、大好きです。数学とか物理とか苦手ですから、そういう関係にはいけませんでした。食物科とか、住居とかも、ダメでした。(>_<)

昔、中公新書の「利根川と淀川」という本を読んだのが、川好きになるきっかけでした。そのころは、関東の川には実感なかったなぁ~ 
今、手に取ってみると、字が細かいのにびっくり。
[PR]

by mamineko110 | 2008-03-05 23:58 | 散歩

渋滞の不思議

今日は朝5時半に起きて昇仙峡へ紅葉見に。ネットで「見ごろ」と出ていたので、はりきってでかけたのに、なんとまだ五分の色づき。がっくり。このように色づいているところだけを写真に撮ると、「見ごろ」かと思う・・
d0053578_231188.jpg

往きは、6時過ぎ出発、渋滞なしで2時間半で到着。帰りは予想通り渋滞・渋滞・渋滞。
夕方遅くなり時間の経過とともに、渋滞がどんどん長くなる。わずかな距離を行くのに時間のかかること、かかること。それにしても不思議なのは、渋滞の先頭だ。
20キロ以上にも及ぶ渋滞、それが、トンネルの中ほどで解消されている。事故とかなにかがあるわけではない。特に遅い車がいるわけでもない。トンネルを出るころには、前がすーっと空いてすいすい走れる。久しぶりの時速80キロがとても速く感じられる。
以前にテレビで見た番組では、「トンネルの中ではスピードが落ちるので渋滞する」と言っていた。その時は図解動画などでわかったような気になっていた。 が、実際経験するとなんとも不思議。
[PR]

by mamineko110 | 2007-11-05 00:30 | 散歩

カフェ バッハ ・・・ じこまん

先日かの有名なカフェバッハへ行きました。
南千住から南へ下がったところ・・とは聞いていましたが・・・
ひょっとして あそこは山谷というところではないかしら?
道行く人は、ジャージスタイルの年配の男性。木造アパートみたいな感じのホテル。
肝心のコーヒー は おいしいのだと思います。そんなに味がわかるわけではないのよね。
駅のBeckersがまずいことは、わかるんですけど ・・・ 
昔のりんごケーキというのを食べました。ここの店は暮らしの手帖にシュトレーンの作り方が載ってたりするので、おいしいかと思って。
はずれ☆
これなら 自分で作った方がおいしい
こちらも20年前のレシピを探してきて作りました。出来上がりから一日置いて食べると、なかなかいけます。
紅玉がでてるうちに、次は10年前のレシピだぁ!
[PR]

by mamineko110 | 2007-10-22 23:43 | 散歩

東京メトロ沿線ウォーキング  後楽園 - 護国寺

東京メトロウォーキング、また、行ってきました。
地下鉄で移動しているだけではわからない位置関係が 歩くと少しわかってくるような気がします。
東京って、他の土地にあったなら観光名所になってるようなスポットが無造作にあちこちにあるなぁ~  実感。

小石川後楽園の南側の緑道、江戸川公園とかはもう一回歩きたい。
神楽坂の漆器屋さんも、ウォーキングの途中でなくて、ゆっくり買い物に行きたい。
下から見上げるだけだった胸突坂を上がってみたい。
「群林堂の豆大福」買ってみたい。
うっかりパスした大隈講堂の前も通らなくっちゃ。

いつもどおり参加者いっぱい。歩くの好きな人、多いんですね。ゴールで景品配ってるからって、ウソでしょう?
[PR]

by mamineko110 | 2007-10-22 00:33 | 散歩

黒田記念館

前から一度入ってみたい!と思っていた黒田記念館。とうとう行きました。
d0053578_0174890.jpg
なかなか風情のある建物です。無料ですが、入り口に職員の方が立っていて、いちいちドアを開けてくださいます。
d0053578_1103452.jpg
黒田記念室。
有名なのは、正面の「湖畔」ですが、すばらしかったのは左手「智・感・情」 とても大きな絵です。顔の部分のアップがパネルにして掲示してありました。なんとも言えない魅力的な表情。顔は随分高いところなので、近づいてみることができません。こうしてあって初めてよくわかります。
入り口で絵はがきを売っていましたが、画集とかで、もう少し大きくなっても、この絵の魅力は伝わりませんね。ほんものを見てこそです。
「赤髪の少女」、「昔語り下絵」もすてきでした。
展示室は二室、ソファでゆっくり黒田清輝展のカタログを見られる部屋。実物ならではのよさを堪能して大満足でした。
d0053578_0192592.jpg
これはおまけ。帰りに立ち寄った新丸ビルからの東京駅です。携帯でも 夜景が撮れました。
再度の機会があれば、上が切れないようにしましょう。
[PR]

by mamineko110 | 2007-09-23 00:19 | 散歩

地下鉄ウォーキング

d0053578_14471162.jpg5月26日、東京メトロ沿線ウォーキングに参加しました。
スタートは上野駅。ものすごい数の参加者で、最初の2キロくらいは歩きづらいほどでした。
全行程をズルしないで歩くと9キロ弱です。
いくらも歩かないうちに「!」の店を発見しました。蛇を売っている店です。ガラス瓶の液体の中にまるごとの蛇が漬かっています。maminekoは大阪戎橋筋の「阪本の赤まむし」を連想しました。
へびって本当に効くんでしょうか? 
偏見を承知で言うと、電車でも劇場でも、へび飲んでるおじさんの隣には座りたくありません。
おばちゃん・・・も、飲んでるでしょうか? イメージがわきません・・・このごろはおじさんのすることは、女もする時代です。・・・あるかもしれませんね・・・
d0053578_15475778.jpg

昭和通りにそって400メートルほど歩いて左折。ほどなく東京の地下鉄唯一の踏み切りにさしかかります。銀座線と日比谷線がここを通ります。日比谷線でここを通ったことは何度かあるはずですが、全く気づきませんでした。
d0053578_15403215.jpg

ほんのちょっと行ってまた左折。通りの反対側に興味深い店を発見。「いなり寿司専門店」「きつ称忠信」とあります。いなり寿司だけのお店なんですね。残念ながら「売り切れました」の貼り紙がありました。 地下鉄ウォークはすごい数の人ですから、ずっと早くに無くなってしまったのでしょう。森下かどっかのパンもそうでした。あとで知ったことですが、ここのおいなりさんは蓮根が入ってるそうで、一度食べてみたいです。いなり寿司といっても、いろいろあるみたいですね。こないだわさびの入ったのを食べました。なかなかいけます。

d0053578_1554401.jpg今度は右折。地図もあるし、曲がり角には地下鉄の道案内の人が立っているので、いくつ曲がり角があっても安心。
合羽橋本通りです。このへん、ところどころにかっぱの人形が立っています。
かっぱ寺もありますし、足元の舗装にも、河童。



d0053578_1552424.jpg合羽橋の交差点を右折すると、合羽橋道具街。
ここへは何度か来ています。わたしの特大の中華なべはここで買いました。
安いかどうかはわかりませんが、品揃えがすごいので、調理用品ならなんでもあるような気がします。
大阪の道具屋町筋とは、大阪と東京のまちの大きさに比例している以上に規模が違います。d0053578_1619565.jpgやっぱり東京はすごいわ! それなのに、なぜか東京には家具屋街がないのです。どうしてでしょうね・・?



菊屋橋の交差点の向かい側は仏具屋さんがならんでいます。通りのこっち側の奥に東京本願寺があるからでしょうか? 
仏壇ってそんなには売れないような気がするのですが・・利益率が高いんでしょうか?
合羽橋道具屋街、このあたり、浅草、墨田川沿いは何度か歩いているので、あまりきょろきょろしないでひたすら歩きました。


d0053578_16342087.jpg雷門の前を通過。浅草寺にも何回も来ているので、ここはもういいです。
外国人を案内する時は浅草が定番になっているみたいですが、本当に浅草が喜ばれるのでしょうか?

そして吾妻橋を渡って隅田川沿いを北上。川沿いはほんとうに気持ちうが晴れ晴れします。d0053578_16411473.jpg
うっかり水戸邸跡隅田公園と牛島神社へ入るのを忘れてしまいました。
このあたり、4月にお花見に来たばかりですが、この二つへは行ったことがないのです。
なんにも無いかも知れませんが、この二つと三囲神社は覗いて見たかったなぁ~  残念
ひたすら先を急いで歩きすぎました。
桜橋を渡り、また台東区へ戻り、、昔むかし聞いた唄、端唄?「夕暮れに眺め見渡す隅田川・・・なんとかかんとか待乳山・・・」を思いだしながら、待乳山聖天前通過。
ひたすら歩きます。猿若町由来の碑を見ても「芝居小屋ってこのへんだったんだ・・・」と思いはするけど、ひたすら前進。
馬道まで来て昼ごはんを食べることにして、「大黒家」というどこかで聞いたような名前のお店に入りました。天丼の味はまずまずだったのですが、満席になると人手が間に合っていない様子でした。ここに1時間いることになったのは想定外でした。
ごま油で揚げたてんぷら、濃いつゆ。関東に来てまだあまり経っていないころ、浅草の大黒家で食べた時は「ちょっと濃いよ~」だったのですが、すっかり口に合うようになりました。
d0053578_176474.jpgd0053578_177184.jpg















お昼ごはんを食べたあとで、何軒もおもしろそうな店を見つけました。
サクラ印ハチミツの店はどんなところか興味があったのですが、閉まっていました。この通り、言問通りを歩くのは初めてで、右や左にきょろきょろしていました。蕎麦打ち道具専門店というのもありました。
d0053578_1719575.jpg
ちょっとコースから外れて、池波正太郎記念文庫に行ってみました。愛用の品とか写真とかありました。ほとんど全作品を読んでいますが、作家その人のことはあまり知りませんでした。
絵もじょうずです。小説の登場人物を絵でも描けるというのはいいですね。吉右衛門は絵の鬼平とイメージが合っています。

あとはもうひたすらゴールの上野へ戻るだけ。入谷の鬼子母神の前も通過、鶯谷駅の横の階段を上がり、電車からしか見たことがなかった景色を高いところから違う視点で見、木陰の多い上野公園の中へ。国立博物館をこっち側から見るのも初めて。科学博物館まで来ると、見慣れた場所です。
ゴールの2時には到底間に合いません。天丼の1時間が痛かった! 2時までと言っても、今までの経験からすると3時くらいまで係の人はいそうです。でも、やっぱり気になるので、ちょっとショートカットして、パンダ橋へ。この橋の存在はそれまで知りませんでした。

なんとか間に合って参加賞の小鉢と、4回参加賞の折りたたみ傘を頂戴しました。頂いておいてなんですけど、色刷りの地図(チラシ?)を配り、曲がり角には案内人配置し、おみやげまで頂いて、よろしいんでしょうか?大勢ですからけっこうな金額になるのではないでしょうか・・・・
[PR]

by mamineko110 | 2007-06-10 15:28 | 散歩