<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

夕食

9月27日 昨日の晩御飯: さけ コロッケ さんま刺身 焼豚 いくら
鮭は今がで旬の時鮭。脂ののって大きな切り身が一切れ98円、安い!
さんまの刺身もすごく安く食べれられてうれしい! 中骨とるのは面倒だけど。
コロッケはいつの作り方でなく、暮らしの手帖で見た「ロイヤルホテルの家庭料理」式でやってみました。味は全くいつもとかわらず。がっくり。
筋子がでてきたので、面倒だけど「ぬるま湯の中で一粒づつにほぐして、みりんしょうゆの中に漬ける」ということをやっています。去年までは、瓶詰めのいくらを食べていたけれど、手作りのを頂いてから作るようになりました。化学調味料などなくても十分おいしいことを実感します。

9月28日 今日の晩御飯: くりおこわ ぶり(ぶりというほど大きくないけど・・・)の刺身 えりんぎバター炒め
既製冷凍エビシュウマイ 牛肉と野菜煮
くりおこわは本格的に作りました。ささげ、もち米100%、と言ってもせいろで蒸したわけではありません。炊飯器でできます。いつのながら栗の皮をむくのは骨が折れた~。剥いたのを売ってますが、あれはほんとにおいしくないね。こりごり。
夕飯の支度が遅くなったので、煮物は泥縄式。さといも、ねぎ、にんじん、えのきたけなどそこらのものを入れて甘辛しょうゆ味。こんにゃくの買い置きがなかったのが残念。

今日は割りとよく憶えています。
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-29 00:38 | 夕食メニュー

晩御飯 お客の日からその後今日まで

えー お客の日から今日まで、その後何を食べたか? 思い出せるかな?
 
9月23日 「きのうちょっと食べすぎだったね」ということで簡単すき焼き。いつも牛肉はオーストラリア牛ですので、すき焼きはごちそうではありません。手抜き料理です。コストもいつもより大幅安。

9月24日 かぼちゃ煮つけとピーマン焼ひたし  てんぷら: えび・れんこん・さつまいも・いんげん・まいたけ  ほっき貝とこさん竹の煮つけ さんま塩焼 鶏のグリル焼
いつもは家にいない良く食べる人間がいたので、たくさん作りました。
「またちょっと太ったね」 「こんなけ食べさせといて言うことか~」だって・・・ 残せばいいよね
そうそう鶏ですけど、塩コショウして、そのままガスコンロの下の魚焼グリルで焼きます。脂は下に落ちてヘルシーですし、表面はぱりっと中はふっくら。おすすめです。

9月25日 炊き込みおこわ: きのうの鶏の残り、ほっき貝と筍の残りを入れました。あとにんじんとしいたけ。 ほうれんそうの胡麻あえ かつお刺身 揚げを焼いてネギとしょうがのせ とんかつ=量を少なくしました  なすび: なすびをオリーブオイルで焼く。ちょちょっと しょうゆ、最後にバルサミコ酢をかける。ちょっと目先の変わった味です。アルコールとも合います。

なんとか3日分おぼえていました。 ふー眠い。
それにしても毎食写真を撮る人はえらい! よほど固い決意をしていないと、すぐ食べてしまいます。
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-26 01:14 | 夕食メニュー

MIXY

さっさとしてしまわねば困ることを抱えているのだけど MIXYでけっこう長いこと遊んでいた。しりとりみたいに、次々にテーマ、興味を追いかけていくときりがない。

「お風呂の排水が詰まってしまった」「排水溝からコバエがわいてくる」困っている人にいろいろ知恵をだしていた。プロの掃除屋してる人もふくめて何人も登場。熱気が感じられる。
こういう家事ネタまであるとは思わなかった。
いやはや 困ったことの何でも相談コーナー みたいな感じもある。

誰も相手にしてくれない時はMIXYかなあ~
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-24 00:51 | うだうだ

今日はお客

今日はお客さんがあったのでたくさん作りました。
まず用意しておいたのはこれだけ。 どーも黒っぽく写ります。照明を明るくしないといけないのかなあ~ それともカメラの問題?
d0053578_10372949.jpg真ん中、おくら
以下上から 梨・生ハム これはまずくはないけど、おいしくもなし。マンゴとか桃が良かった
スペインカラスミ  オリーブ アンチョビ味は食べやすい
卵焼き関東味 甘味とだしを強くしてます
庭のユズとしめ鯖 大阪の近鉄にいいサバがありました 
アスパラガス  カマンベール

d0053578_10485598.jpgビーフシチュー夏バージョン   シチューにしてはさっぱり味です。出来あがって味見の時に「少し薄いかな?」とぱっぱっと塩コショウをふりました。
大失敗! 辛い
来客予定まで15分。あせり~ 
スープをそこそこ捨てて水を入れました・・・ それでも 味がおかしい。
思いついて、買い置きのmascotの炒め玉ねぎを一袋入れました・・・ 当たり!!やれやれ 
刺身はタイとカンパチ  キンメダイのいいのがないかな?と買い物へ行ったのですが、養殖ものでないのタイトカンパチがあったのでそれにしました。色の取り合わせはいまいち。

シチューのボリュームがかなりあったので、これでいいかな・・後はごはんで・・と思ったのです。甘かった。「もしかしたら」と思っていた追加が必要になりました。

コキール型の小皿に、グリーンアスパラの軸の部分をい入れ、ほっき貝の刻んだのを置き、ニンニクとバター、パン粉少々をかけてオーブントースターで焼きました。要するに、ほっき貝のエスカルゴのグラタン風です。

それから、まだごはんじゃなくて、お酒のあての方がいいということで、リクエストの作り置きの焼豚と、きゅうりの浅漬をだしました。
その後、お茶漬です。王子サーモンのスモークサーモンフレークと、炊き込みワカメで鮭茶漬です。この組み合わせはおいしいです。つい食べすぎになります。
これだけ食べるのに、7時半から11時までです。
最初に大皿に盛った食材はまだ全部ストックがあります。「少しずつ多種類」がいいかな・と思ってこうしましたが、「量もたくさんでいろいろ」がよかったようです。

お酒は食前酒自家製やまもも酒。スペインのリオハワイン。ビール。お客様お持たせの宮崎の焼酎「百年の孤独」
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-23 00:28 | 夕食メニュー

うだうだ

数日間 関西方面におりました。オフィシャルには「老人慰問」
でも肝心の80ばーちゃんが「でかけるのいや」「食べたいものない」と言うので、奈良方面へでかけました。
ばーちゃんは「夏バテ」だそうです。たしかに関西は暑い! セアカゴケグモが定住するようになるのも無理ない。亜熱帯かも。
帰るころには少し元気になり、しめ鯖など作る気になっていました。ネットで調べると、他家の〆さばは、漬ける酢には砂糖は入れないか、少しだけのようです。nekoの家では割りに甘くします。
ちなみに西洋料理では、料理には元来砂糖を使いませんね。このごろでは使ってるかもしれませんけど・・・ 最近では、日本も外国もよそのやり方を取り入れたり、お互いなんでもありですからね。
知人のAさん(ドイツ人)のおばあちゃんは、隠し味にお醤油を使ってたそうです。うーん、これは40年以上前の話かな。
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-21 18:29 | うだうだ

手作りベーコン

2日ほど調味液につけておいた肉を取り出し、桜のチップでスモークした。スモーク時間、1時間50分。
d0053578_0482420.jpg
スモークの色はしっかりついている。
脂身はあぶらっぽくなくちょうど良い歯ざわりが残っている。
でも、べーコンという感じがしない。
全然違うもののような味。
家族は「おいしいよ」と言うけれど、手間に見合ったものができたのだろうか・・・

d0053578_0483393.jpg
翌日、冷蔵庫に入れておいてすっかり冷たくなったものを食べた。
なかなかいけるじゃない。
お酒のつまみにいいお味。
いつもそうなんだけど、手間暇かけて作ると、作っている間に飽きるのか、完成直後の自己評価が低い。
これはこれはで独特の風味がある。
でも、食べなれた「ベーコン」の味とは違うなあ~
あれは添加物の味も入っているんだろうか・・・
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-13 00:59 | 食べ物

「アスペルガー」 って何?

ところで、その「アスペルガー」 って何やねん? とご質問がありました。
☆とてもわかりやすく説明している☆ サイトがありますので、ここに行って見ていただくのが一番です。

それがメンドーな人のために
ごくごく簡単にいうと、自閉症と正常の間に位置する発達障害です。だいたい300人に一人の割で発生するそうです。知能が低くないことも特徴。
他の人にどのように振る舞うべきか・思っていることをどう伝えるか・相手の言いたいことをどう理解するか・ 何にこだわるか・等々に於いて、問題があるものである。
一見、障害があるようには見えないことが多い。話もでき、勉強なども人並み以上のことがある。一見自閉症にみえない自閉症が、アスペルガーと言えるのである。
1)他の人との社会的関係をもつこと (2)コミュニケーションをすること (3)想像力と創造性、の3分野に障害を持つことで診断されるのがアスペルガーである。
ここはさっきのサイトからの抜粋

質問者によると、「わたしもmaminekoも、われわれの仲間友達も全員この症例にあたるやん」 とのことです。「こういうのの、何が不都合やねん」とも。まあ程度問題で、程度が甚だしい場合が研究対象になっているわけでしょう。
しかし、この人の場合、「家人に、あんたは難儀な人や、困ったもんやといつも言われている」 そうですので ・・・・   かも知れませんね (^_-)
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-10 23:28

ちょっと ちょっと

最近、会合等で夕食不要の日が多い。ダイエットしようかな?と思っている。
そういうわけで、夕食メニューはちょっとお休み。
ダイエット、と言いながら、焼豚を作り、ベーコンの塩漬をしてるけど・・・冷凍してゆっくり少しづつ切って食べればよいのだ。
そんなことを言いながら、おいしそうなハムの頒布会を見つけてしまった。惹かれるなあ~

日経新聞の夕刊。
「アスペルガー研究所」を関西の大学が全国で初めて解説したところ、問い合わせや相談が相次いでいる。それはいいけど、これは??
「仕事人間だった夫が定年退職後、家にいるようになって変な人だと分かった。アスペルガーか」といった相談がよせられている。??? 相談者のほうはどんな人なんだろう・・・
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-08 23:31 | うだうだ

民主主義と少子化

日経でおもしろい記事を見つけた。
web上で探したが見つからないので、以下mamineko要約 といってもほとんどそのまま

やさしい経済学論争にせまる  少子化対策 民主主義を試す  小塩隆士
今のところ、われわれは民主主義を超える意思決定の仕組みを知らない。が、少子化時代、民主主義は本質的な課題に直面する。
人口が増えていけば、若年層は高齢層より人口が多いので、多数決の下では若年層の利益を反映した政策が選択されやすい。若年層が合理的に判断するとすれば、彼らは現在だけでなく高齢になったときのことも考え、生涯を通じ最適になる政策を望むはずである。そして実際に。多数決はそうした政策の選択を促す。このある時点で選択された政策はその後も望ましい政策として受け入れられ続ける。若い層が多数を占め続けるので、選択される政策は、以前に選択されたものとほぼ同じになるからである。しかもそれはその世代にとっても最適な政策のはずである。こうした場合、民主主義は現在いるすべての人々の利益を最大にするのに寄与し、しかも意志決定に参加しない将来世代の便益も損なわない。
ところが、少子化が進むと、人口構成が高齢層に偏るので、彼らに有利な政策が選択されやすい。しかし高齢層は、高齢時の幸せを最大にする政策を選択しがちで、若年層を不利にしやすい。少数派である若年層の意見は重視されない。
したがって、民主主義の下で選択される政策は、どの世代にとっても生涯を通じて最適なものでなくなる。高齢時の幸せが過度に追求され、現役時の幸せが過度に軽視されるからだ。だが最適な政策を選択する仕掛けを今の民主主義は用意していない。将来世代が意思決定に参加できないという欠点も露呈する。
今の民主主義がうまく機能するのは、順調な人口増加という外的な条件が整った場合である。これは民主主義が内包する「生物学的限界」ともいえる。少子化は民主主義の有効性を鋭く問い、その進化を促しはじめている。


なるほど・・・たしかに・・・
高齢者に手厚い世の中って感じがするものね。恵まれない高齢者もいるのだろうが、リッチな年金世代が目につく。
高齢者は投票に行くが、若者は棄権することが多い。そういうところからも、高齢者有利な政策が決まると感じていたが、本質的な問題があるのだ・・・
[PR]

by mamineko110 | 2006-09-07 00:18 | うだうだ

夕食写真

今日はうっかりメールを読み違えて、一人分余分に作ってしまった。いつも作るはしから食べるので写真はない。今日はそういう事情で、写真を撮ることが出来た。かぶら おくら ぶり照り焼き 鶏から揚げ
牛肉ととうがんの炊き合わせ:新作の力作。とうがんと牛肉を別々に煮た。
d0053578_8285215.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2006-09-04 00:35 | 夕食メニュー