<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

昆布の佃煮

d0053578_2148084.jpg
貯めていただしをとった後の昆布で佃煮を作りました。随分前から計画していたのですが、なかなかレシピに書いてある500gにならなくて待っていたのです。冷蔵庫がいっぱいで、少しでもスペースをあけねばならなくなり、まだ300gしか貯まっていませんが作ることにしました。

レシピは暮らしの手帖。 図書館から借りたのに載っていたのをコピーしてありました。
だしをとった後の昆布 500g
砂糖        大さじ  3
しょうゆ          100cc
みりん       大さじ  2
昆布を鍋に入れ、昆布がひたるだけの水と水の二割の酢と調味料で煮る。
昆布の汁がほとんどなくなったら、粉かつおをまぶす。
これを、300gに対応した分量に減らして作ったみました。出来上がり。
 
ところが、味見すると、昆布が柔らかいのはいいのですが、とっても薄味。これはいけません。
徐々に調味料を加えていきました。結局、300gの昆布に対して、
砂糖   大さじ 5
しょうゆ 180ccくらい
みりん  大さじ 3   に なるまで追加しました。 
最終的には、出し昆布は分厚いからか、とってもいいお味。そこらのスーパーで売っているのとは違います。阪神とかで行列ができている店にひけをとりません。だしをとった後の昆布を捨てるのはもったいないとつくずく思いました。
それにつけても不思議なのは、このレシピのしょうゆと砂糖の分量です。
それから、この500gという分量。近ごろの普通の家庭ではこんなに作ったら飽きてしまうでしょう。おかずは少し、ごはんをいっぱい、そして家族は5人か6人。そういううちでないと多すぎます。maminekoは、少しずついろんなものを、が好きです。次回からは100g貯まったら作ろうと思います。
[PR]

by mamineko110 | 2006-11-27 21:23

お好み焼きもどき  泥縄式夕食

おとといの昼、近くの道とん堀というお好み焼き屋へ行ってみました。お客が自分で鉄板で焼いて食べる方式と聞いたのでなつかしく思ったのです。味は「普通」と聞いていましたが、お店で食べさせるにしては、ちょっとね~  関西のあっちの店こっちの店とは大分違います。

今日、のんびり買い物して帰ってきたら 失敗!失敗! 急いで作らなければいけない状況でした。思いつくまま泥縄式夕食となりました。

まず思いついたのが、最近見たテレビ番組。自然薯を掘ってすりおろし、焼いていました。
冷蔵庫に大和芋はないので長芋。摩り下ろして刻みキャベツとしょうが。卵を割りこんでまとめ、お好み焼きのようにしようと。冷凍室に牛肉があったのでトッピング。色がきれいな方が思い、輪切り薄切りピーマンも、かりかりにチルドルームの隅でひからびているシート状のチーズは生地の中に潜り込ませました。長いもは水分が多くてまとまりずらかったけれど、なんとか形にして、おたふくお好み焼ソース、マヨネーズ、鰹節たっぷりをのせると、まあそこそこ。道とん堀のよりは「こっちが上。小麦粉入れなくても、お好み焼きみたいになるもんですね。

大きめの蕪。たっぷりのかつおと昆布のだし汁で煮ました。缶詰のほたての汁も。身も追加。蕪の葉もいれて澄まし汁。お好み焼きと合いました。蕪はすぐ柔らかくなりますし。

あとは、鯵の塩焼き。辛子明太子とか、こないだ味が薄くて手間取った昆布とかも並べておしまい。
ほんとは、エビフライとかポテトサラダとか考えてたんですけどね。
[PR]

by mamineko110 | 2006-11-22 23:31

このごろ毎日の夕食献立を書いていません

このごろ毎日の夕食献立を書いていません。
ほかの人が書いているのを見て、案外おもしろくないな・・・というのがあったのです。それまで ひとの夕食メニューを書いているのを読ませて頂くの、好きだったのです。
自分のはどうかと考えてみて、作り方の解説も書いてないmainekoのはおもしろくないから、毎日書くのはやめようというわけです。
[PR]

by mamineko110 | 2006-11-22 22:51

アルゼンチンの赤えび

赤えびをまた食べたくなったので買いに行ったがなかった。聞いてみると、奥の冷凍庫から出してきた。一匹100円。かちかちに凍っている。好きな時に食べられる。うれしいな。
[PR]

by mamineko110 | 2006-11-13 23:52

また サフラン

料理好きがやってきたので、またサフランを使った料理を作りました。
と、言うより、あれこれ口をだしながら、作るのを横目で見てました。
だしは小鯛のあらと海老の頭にコンソメ少々。
d0053578_23193537.jpg

味見しないで唐辛子を入れるものですから、トムヤンクンなみに辛い! トマトピューレが要るというのを,生トマトで代用させました。
魚も肉も何も入っていない、シーフードベースのスープもなかなかいけます。じゃがいもがおいしい。
d0053578_050778.jpg

刺身にえびがありますが、これはアルゼンチン産の赤えびです。安いですが、ぼたんえびに負けない味。
赤えびエイトというブログで、今年は、アルゼンチン海老が好漁なのです。10月以降、このアルゼンチン海老が大量に日本に搬入されます。スーパーの海老コーナーに この海老が山積みされることが予想されるのですっ。を読んで、期待して待っていました。
とうとう。近所のヨーカドーにも赤えびがやってきたのです。数年前に大量に並んでいた時より、今回は数段美味です。
[PR]

by mamineko110 | 2006-11-12 00:57

今年もサフラン

今年もサフランの花が咲く季節となりました。
庭のサフランで何か作ろうということで、11月3日パエリヤを作りました。このごろ夕飯をじっくり作っている気分も時間もないので、具材はあまりたくさんいれませんでした。キンメ、ゆで帆立(これは味がでませんね。やばっ!と思ったので、帆立缶の汁を入れました)、彩りに海老、ピーマン、タマネギ、生のトマト。遅い時間に半額になっていたきんめ鯛の頭でだしをとりました。味はそこそこです。
横で作るのを見ていた家族が「黄色が薄い!」というのに応じて、どんどんサフランを入れたので、ちょっとサフランくさくなりました。家で採れると思えば、気安くたっぷり使います。   註:写真は色が全然でませんでした
d0053578_23122724.jpg
5年前くらいかなあー、最初植えた時は8球かそこらでしたが、年々殖えて、日当たりによって割く時期は少しずつずれますが、けっこうな数になりました。かわいい花の赤いめしべを取ってしまいます。
d0053578_22554022.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2006-11-09 22:45

病院のごはん

入院患者Aさんから聞いた話。
食事に毎日煮魚がでるのだけれど、あこう鯛、さわら、きんめ鯛、みんな同じ味がする。
見た目はおいしそう。
そんなんうそや~ と思いました。
ほんなら ちょっと食べてみて。
あらら これは~ 
さかなから旨味をしぼりとったカスです。これは。

この病院の最上階には外来者用の展望食堂があります。
眺望はよいけど、まあ学食みたいなカフェテリアです。料理の見た目も、あんまりおいしそうではありません。
ところが食べてみると、値段と見た目からの想像を裏切る味。そこそこです。
まともな家庭料理ふうの味。
ここには外来者以外にも、病院の職員も多数食べに来ます。
給食がおいしかったM市の小学校では教員も給食食べてました。患者食を職員も食べるようにすれば、おいしくなるかななあ~ と一瞬思いました。
いやあ~ やっぱり無理かも そういう病院でごはんまずいとこがあると聞きました。
患者食より当直医の食事は予算が安いので、さらにまずいとか。

ごはんの味で病院決めるわけにはいきませんが、元気がなくて食欲ないときは、まずいものは勘弁ですね。
ネットに病院食美味or不味ランキングなんてでないかなぁ~
レベル向上に効果ないかしらん
d0053578_23123042.jpg

[PR]

by mamineko110 | 2006-11-07 21:33