<   2008年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

階段から落ちる

今日 自宅の玄関から門へのアプローチ、わずか三段の階段。最後の段を踏み損なった。
何年か前から時々階段を降り損なう。名古屋弁では、こういうのを「すかてん食う」と言うのだと思う。母の出里が名古屋なので最初に出会った言葉は名古屋弁なのだ。突然名古屋弁を思いだすことがある。
階段を落ちるのは結構こわい。

最近知人が二度も階段から落ちたのを聞いてからは尚更だ。一回目は腕を骨折。二回目は顔を三針。さらに、別の知人は頭を十三針縫ったという。
足が弱って かえって悪い結果になるのを恐れないではないけれど エレベーターのあるところでは、なるべく階段を降りないようにしている。

よくよく考えてみると、わたしが階段を降りそこなうのは、いつも自宅の階段だ。家の中の階段であることが多い。
幼稚園の時から高3の秋まで住んでいた家の階段は急で、踏み面も狭かった。二階が住居で、お風呂はなんと屋上(4階)。毎日のぼったり降りたりしていた。そのあと、結婚まで住んでいたのは三階部分。前の家よりはずっとゆるくなったけれど、やっぱり毎日上がり降り。
今の家の階段は、踏み面も広くて傾斜もゆっくりしている。わたしの体には、急な階段の上り降りが刻みこまれていて、ゆっくりした階段は調子がとりにくいのかもしれない。
と、思ったりもするけど、やっぱり老化かなぁ?

d0053578_0191811.jpg

地下鉄新お茶の水駅のエスカレーター。急傾斜で長い。ここで落ちると大けがは間違いない。
止まっていないで、歩いて降りるときもあるが、落ちそうになったことはない。
やっぱり 急な階段の上り降りは体がおぼえているのかなあ。
[PR]

by mamineko110 | 2008-05-16 00:11 | うだうだ

音楽の日

チケットをいただいたので、東京国際フォーラムまで ラ・フォル・ジュルネ 「熱狂の日」音楽祭とやらに行ってきました。
何をかくそうわたくしは音痴でございます。どのくらいかというと、ひとの音がはずれてるとわかるけど、自分は必ずはずれる、という具合です。
のだめちゃんのおかげで、クラシック、好きな方向へ1センチくらい足が出ています。

有料コンサートのチケットを一枚持っていると、5日の会期中ずっとほかの催しにも行けるのです。とてもそこまで活用ようしませんが、三つ聴いてきました。
なかなかおもしろかったです。

一番感心だったこと。
小さいこどもが結構いたのですが、演奏中動き回ったり、声を出したりしてるのを見ませんでした。往きの電車で、隣に大声で「ちびまる子」の本を読む子(6歳だそうです)が座り、閉口しましたので、いっそう感じました。
あの本を読む子ね~ 親はいちおう「小さい声でね」と言いはしましたが、全然真剣味がなくてむしろ自慢げな感じすら・・・、こどもは親の気持ちに敏感ですから、ずーっときんきん声です。注意しようかしまいか迷っているうちに降りて行って、ほっとしました。

おもしろかったのは
広い会場で、台上の楽団をぐるっと聴衆が取り囲む、そこでは、初めて指揮している指揮者を正面から見ました。なかなか楽しいもんです。まじめそうな感じのいい方でしたが、ビジュアル的には玉木宏の方が・・・  おじさん ごめんなさい。俳優と比べたらあかんね。

同じ会場で違う場所から、別の楽団の演奏を聴きました。今度はななめうしろ。すてきな青年が指揮者でした。うーん 音楽的にも こちらはかなりいけてます。
どちらもアマチュア楽団だそうですが、こちらは毎年、前のは初登場だそうです。

この二つの間に、隣のTOKIAの通路のパーカッションの演奏を聴きにいったのですが、ゆっくりお茶を飲みすぎて間に合いませんでした。残念。
国際フォーラムだけでなく、近隣のビルでもいろいろあるのです。毎年行って慣れている人なら、もっと有効に楽しまれるでしょうね。
[PR]

by mamineko110 | 2008-05-05 00:49 | 音楽