謹賀新年

新年も八日になりましたが今年もよろしくお願い申し上げます。
あ、もう九日でした。
d0053578_017541.jpg

[PR]

# by mamineko110 | 2009-01-09 00:16 | うだうだ

お誕生日のごちそう

d0053578_0202367.jpg

鯉の白みそのおつゆ、柚子添え
おつくりはひらめ、松かさイカ、からすみ
日の出かまぼこ、鶏の松風焼き、鶴亀羊羹
タイの塩焼き、菊花かぶのあちゃら
茶碗蒸し: うなぎ、銀杏、筍うすぎり、ほうれんそう
かやくごはん: タイそぼろ 椎茸 かんぴょう 筍 錦糸玉子 紅しょうが
温かいお酒

食べきれないくらい量もたっぷりあったそうです。
12月23日は天皇誕生日。

もう一度よく写真を見ると、なにやらからの折らしきものが・・・
食べ残しは持って帰れるようになっているのでは?そうだとしたら、江戸時代から続く日本の伝統的な宴会の形ですね。
[PR]

# by mamineko110 | 2008-12-25 00:37 | 食べ物

サンマの口元

今年の秋には違いないけど、随分前のこと、テレビで「おいしいサンマの見分け方」くちばしの黄色いさんまが脂がのっていておいしい と言っていた。
以来、さんまの口元に注目しています。
観察し始めて以来今まで、口元の黄色くないサンマに会ったことがありません。
そういえば、ハズレのサンマにも会わないなあ。
d0053578_0133878.jpg

[PR]

# by mamineko110 | 2008-11-28 00:06 | 食べ物

まだ起きてます

今日(昨日?)昼間、ジムからの帰り、もとい、ジム →スーパー→ ホームセンター の帰り、
眠くて ねむくて すっと眠りの世界に引き込まれそうになった。意識がとびそうになるのだ。
帰って買ってきたものをかたづけ、お茶と新聞。
何時だったんだろう? 
気がついたら、座ったままテーブルに頭をつけて寝ていた。
真っ暗。 額が痛い。

というわけで、昼寝したので、眠くない。
d0053578_0361433.jpg

[PR]

# by mamineko110 | 2008-11-02 00:36 | うだうだ

? これなーに ?  トルコにて

d0053578_023261.jpg
d0053578_0235333.jpg
d0053578_0241519.jpg
d0053578_0243352.jpg

この写真、何の写真? と思われるることでしょう。
d0053578_0245247.jpg

小さくてわかりづらいですが、ビルの屋上や屋根の上に乗っているこれをお見せしたいのです。
ソーラーパネルとドラム缶みたいなもの。最後の写真のドラム缶(?)は一つですが、ほとんどの場合は二つです。
イスタンブールの中心街にはありませんでした。周辺の住宅街には、アパート(日本風にマンションと言うべきか)というアパートの屋上ににどこもかしこもありました。
イズミール、カッパドキア、コンヤ、立ち寄った町、通過した町、どの町にもありました。
電線があるなしを見ていなかったことに気づきました。電気を買うと高いので、これで補っているのかなぁ・・・それとも電気はソーラーから得られる分だけ? ガソリンの値段は日本の3倍くらいらしいですが。
3年ほど前新築のななめ後ろのお宅は屋根にソーラーパネルが上がっていますが、日本ではなかなか高いのですよ。
旅行中に物知りガイド氏に質問しとけばよかったなぁ  <('o')>
[PR]

# by mamineko110 | 2008-10-08 17:04 | うだうだ

ぐるっとパス

さなえさんのブログで知り、「ぐるっとパス」を何ヶ月か前に買いました。「メトロ&ぐるっとパス」のメトロの一日乗車件の一枚は、すぐ使ったけど、もう一枚の一日乗車券とぐるっとパスはよい季節になるのを待っていました。

いよいよ使用開始。東京駅からぽこぽこと歩いて、ブリジストン美術館。
ここは以前に「なんだか忘れたけど有名な絵」が出ているとき、長蛇の列に並んで入りました。
でも、そんなに昔のことではないのに、全て忘却の彼方。
なかなかよかったです。民間の美術館にしては、コストパフォーマンス上々。
平日の昼間で人が多くないせいもあるかもしれませんが、良い気分でした。

せっかく出てきたからと、もう一館。日本橋三越前までぽこぽこ。三井記念美術館。
あそこらへんって、三越、三越、三井本館、三井タワー(というのかな?)と、三井の壮麗なビルが並んでいます。来るたび感心します。
江戸時代から同じところに、呉服屋と両替屋があったんだ~ そういうすごさにも感心。

壮麗なビルの中へ入って隅っこから7階へ(たぶん7階、違ってるかも)。
エレベーターも年代ものをピカピカに手入れしているといった雰囲気。とってもとってもお金持ちげな建物です。受付のおねえさんたち、言葉は丁寧だけど、むさくるしいmaminekoをうざったく思ってるように、なんとなく感じました。
こちらは、平日昼間といえど、結構人が多い。「森川如春庵の世界」とかいうのをやっているので、お茶をやっているおばばさまがたが多数お見えのようでございます。
お茶道具、さほど興味はございません。茶杓、なつめ、振り出しとかは、日頃思っているようなサイズだったけれど、お茶碗が大きいように感じました。
森川如春庵って、尾張一宮のお金持ち。名古屋のひいばあちゃんは、森川という大地主の家から嫁に来たそうだ。後妻の子なので、ひいじいちゃんのような金持ちでない人のところへ来たとか。弟は東大を出て弁護士になったけど、おばあちゃんは女なので小学校しか行っていないとか。身内で唯一のお金持ち似関係ある話をいろいろ思い出した。ひょっとして、一族?

一日に二つ見ると疲れます。ブリジストンの余韻にひたって帰ったほうがよかったかも。
パック旅行の詰め込み方に比べると、まあたいしたことないけど。
[PR]

# by mamineko110 | 2008-10-08 00:28 | 散歩

トルコでびっくりしたこと

イスタンブールにも、旅行中通過したどのまちにもモスクがあり、ミナレット(尖塔)が天を指しています。

ガイドのユルセルさんによれば、
モスクの神官は国家公務員で、毎日5回、来る日も来る日もお祈りしているので、すっかりうんざりしてしまい、定年後は誰もモスクへ足を向けないというのです。定年が何歳かは聞き忘れました。

お葬式はほとんどの人がイスラム式にやるけれど、日頃モスクへ行く人はいないよ とのこと。ブルーモスクの前で足を洗ってた人たちは外人なのか少数の信心深い人なのかなぁ。

お墓は50年の期限付きで1万円くらいで借りられるので、お墓の問題はない。でも、亡くなって5年もしたら息子も娘もだれもお墓に行かないよ。
う~ん。
d0053578_0145656.jpg

[PR]

# by mamineko110 | 2008-09-30 00:06 | うだうだ

う~

トルコのことも、あっちのことも こっちのことも 書こうと思ってるけど
時間がなかったり、
パソコンの前にくると忘れたり ・・・・・
う~
[PR]

# by mamineko110 | 2008-09-25 01:00 | うだうだ

イチジクのてんぷら

イチジクは好きな果物の一つ。1年中出回ってるものではないし・・・
思い出の食べ物でもあります。母もおばも好きで、お風呂あがりにうれしそうに食べていた情景が目に焼きついています。

せっかく買ったのに固い。美味しくない。
残念です。
ふと「いちじくのてんぷら」という言葉を思い出しました。どこで見かけたのかは思いだせません。

皮をつけたまま四つ切。断面に粉をはたいて、ころも液につけて揚げました。

口に入れたとたん溶けます。経験したことがない味。
おいしいです。
目利きに失敗して、固いのにあたったら、お試しあれ。
[PR]

# by mamineko110 | 2008-09-17 00:32 | 夕食メニュー

事故米の報道で思うこと

大田農水相がマスコミ ー テレビで 叩かれている。
言ってる時の表情とか声音とかがいけなかたのかも知れないけど、言っていること自体は間違っていない。

2008年9月12日 19時53分
J-CASTニュース 「毒ギョーザに比べればたいしたことない」 太田農水相発言にネットで怒り爆発
残留農薬や毒カビに汚染された「事故米」が食用に転売されていた事件で、酒造メーカーや米菓子メーカーのほか、2008年9月11日には老人ホームや病院の患者の食事、12日には幼稚園の給食にも使われていたことが分かった。しかし、08年9月12日に記者会見に現れた太田誠一農水相は、緊張感のない笑顔を浮かべ、「焼酎は(毒が)無害化されることもある」「ギョーザ事件と比べれば60万分の1の量」などと「他人事」のように発言。ネットでは「発言自体が信じられない!」と、農水省や太田農水相に対する怒りが爆発している。

今度の事故米不正売却事件の米の毒性は 基準値をオーバーしているとは言え、毎日相当の期間食べ続けても大丈夫な程度のものだ。 まともに食べれば死んでしまう毒ギョーザとは、全然違う。

マスコミはどうして、不安を煽るような報道をするのかな?と思う。「汚染米」、「毒米」という言い方には意図を感じる。
「毒性はたいしたことがないから、大丈夫」という方向で報道されていないように感じる。マスコミが、専門家がどう言っているか、毒性の程度を知らないわけがないのに。

新聞社の編集委員をしていた人の講座を受けたことがある。
その人は、「マスコミは広告で生きてますから。感情に訴える報道をしないと読者、視聴者が増えないでしょ。読者、視聴者が少ないと広告が売れないんですよ。」と言っていた。
なんだか愉快でなかった。

関係者だったりすることについて報道している時、「あ、あれはおかしい」とか「間違ってる」と思った経験のある人は多いのではないだろうか?
しかし、自分が直接関わったり、詳しくない分野だと新聞やテレビが言っていることから判断するしかない。

不正に売った業者が悪いのは言うまでもない。一人ひとりが誠実に行動しない社会はあぶない。業者の不正は厳しく責められなければならいないし、再発を防ぐ方策もなければならないのは言うまでもない。

わたしが思うような論調で報道すると、まるで不正売却をしたことはたいしたことでないように聞こえてしまう。と.家族に言われた。
そうだろうか?
[PR]

# by mamineko110 | 2008-09-16 01:17 | うだうだ