<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

公開講義・・・うだうだ

今日はアネッテさんがうちのクラブに来る日。本川先生の公開講義がある日。迷った末、アネッテさんにはまた会えるからと、本川先生の方へでかけました。

大岡山朝9時。前日から緊張。

10分前に駅に着き、5分前に教室に入るはずが、南北線で急病人がでたため,少し遅れました。もう最初の歌が始まっていました。
もっと前に座りたかったけれど、階段教室のうしろ4分の一にしか人がいないのです。今から前の方に行く勇気はありません。

maminekoのあとからも、入ってくる人はいました。
本川先生はおこりっぽくはないみたい。
大阪外大の某先生は怒ってはりました。「わたしが京都からここまでちゃんと来ているのに、教えられる立場の君たちが遅れてくるのはどういうことか!」雰囲気悪くなるような怒り方でした。まあ、遅れてあとから後からぞろぞろ入ってくる方が悪いのは決まっていますが、学生の方とすれば、「朝の1限に必修持ってこないでよね」・・・・  もう10年以上前のことです。

高校教科書の内容を次々に歌っていかれます。このへんは受験勉強したのでおぼえてる、おぼえてると心の中でつぶやいていました。師管の師が篩いの篩というお話に納得。

思えば、わが母校の生物の授業はひどかった! 
1年の時のS先生は1年間浸透圧の話しかしませんでした。試験は「浸透圧について書け」1問だけだったかな? 採点は答案を扇風機でとばしてするとい噂でした。遠くまで飛んだ方が高得点ということだったかしら・・ 風貌からして変人ぽかったです。
大学の教養課程のような授業を先生はしていたのだと、大学へ入ってからわかりました。でも、高校は高校の授業をしてほしかった。受験勉強で自分で生物の勉強しなかったら、この日の歌の内容、ほとんど全部知らないままだったんだよ!
自分で勉強した知識は憶えていますが、S先生の浸透圧の話はなーんにも憶えていません。江戸川乱歩の話にでてくる怪人のような人だった~と印象が残るのみ。
もう一人、2年の時の生物の先生、こちらは、細胞の核周辺の話がやたら詳しく、ほかの話なんてあったかしら? 細胞の話はしっかり頭の中に残りました。S先生よりは変人度が低く、普通の言葉でおはなしになりました。
お二人とも指導要領は無視!でしたね。もう一人生物の先生がいらっしゃいましたけど、こちらはどうだったんでしょう。当たりませんでした。

さすが朝の1限だけあって、寝ている子がそこそこいました。学生にも歌わせるか、先生の歌の間、5,6人ずつ前の演台にあげて踊らせれば、起きているでしょう。声を出すとか、体を動かすと、集中できるものです。わりに私語は少なかったです。わずかに1組。

教科書を作っておられるとは存じませんでした。なぜか高校の教科書は高校の先生でなくて、大学の先生が作るのでした。不思議。
イメージで説明すると理解しやすいのだけど、イメージを書くと教科書検定は通らないとのこと。
大宅壮一は名人でしたね。ほんとに、簡単な言葉でぱっと分かることがあります。その手を使えないのは難儀ですね。ならば教師用の指導書のほうにイメージをたくさん盛り込むのはいかが。
本来、教師は教科書に書いてあることを上手に料理して、生徒が受け入れやすくするのが仕事なのだと思います。でも、上手にできない人もいるので先生特製のイメージてんこもりのアンチョコがあると助かるでしょう。先生も生徒も。

あっという間に1時間半過ぎました。自分の大学時代の先生のことも思い出しました。新任の助教授の第一声。「わたしは教員免許をもっているわけではない。教科教育法とかそういう授業を受けたことがない。大学の教師は教え方は知らなくてよいことになっている」
ここまではっきり言う人は一人だけでしたが、「教える」ことにあまり熱心でない人が何人もいました。一番よく憶えているのは、「日本国憲法」のA教授、京都からわざわざ来てくださっているのですけど、あれはひどかったです。話している方だけでなく、聞いているほうの学生も時間を割いているということを思ったことがあればああはならなかったでしょう。

by mamineko110 | 2006-01-28 23:58 | うだうだ | Comments(3)

個人的大発見

わたくしめがアホなだけかもしれませんが、
      「よろしく」に対応するような英語はない
とずーっと思いこんでおりました。
ところが、本日、remember に、よろしくと伝える という意味があることを知りました。
remember:  convey greetings from (a person) to another なんですってね。
知らないことを発見するとうれしいので、さらに続けます。
例文 
Please remember me to your mother when you write. 
お便りのついでにおかあさまによろしくとお伝えください。 
Remember to your wife. = Say hello to your wife.
Mother asked to be remembered to you 母がよろしくと申しておりました。

それから、alone というのは、ただ一人、とか、ひとりぼっち と思ってました。
ところが、こんなのがありました。
 It seemde to him so long since they had been alone. 
二人きりになったのは随分久しぶりのように彼には思えた。

by mamineko110 | 2006-01-22 23:37 | うだうだ | Comments(1)

雪の日 ・ 人気投票のラーメン

やっと雪がやみました。外は、どこの雪国?という景色。さいわい土日ゆえ、一人で雪かきせずに済みます。二階のベランダに屋根の雪が滑り落ちるようになっていて、柵越しに雪を投げ上げて捨てねばなりません。胸の高さ以上に、雪を載せたシャベルを上げるのはなかなかたいへんです。
家の前から隣家までの道、駐車スペースの除雪も、そこそこ骨が折れます。
d0053578_2245779.jpg

今日のお昼は新聞で見た、人気投票のラーメンを食べました。濃厚豚骨醤油ラーメン 真骨頂という名前らしいです。大袈裟な名前!すごくスープの色が濃いです。まあ、まずいことはないけど、普通のラーメンです。680円。幸楽苑の390円に軍配をあげます。雪の中を歩いて「ラーメン花月」まで食べに行ったわたしはモノ好き。まあ、となりがBOOK OFFなので、そっちへ行ったついでということにしておきます。
d0053578_23485851.jpg

by mamineko110 | 2006-01-21 23:29 | Comments(1)

赤飯・おこわ

くみき~た さんへの返信のつもりでしたが、長くなりましたのでこちらに

え~、おこわとか赤飯とか、意外に好きな人,多いのですね。
市販のそういった類のものって、うるちがまざってることが多くて、やっぱり家で作った方がおいしいですね。餅米って、収量(お年寄りは「取れめが少ない」って言ってました)が少ないから高いんだそうです。
横浜の崎陽軒の駅弁で、横浜限定のおこわ弁当があるらしいです。実際に食べたらがっかりするかもしれないけど、食べたい! しゅうまいとおこわのとりあわせね!?
いっとき、中華ちまきにお熱だったことがありました。でも、あれめんどくさいのね。
やきぶたと、栗かぎんなんでしょう。絶対はいってないとまずいのは。まず、やきぶたを作らなきゃいけないでしょう。それから、もち米と具を炒めて、それを竹の皮で包んで、蒸して、やっと出来上がり。竹の皮で包むのをやめて、栗を天津甘栗にしたら、まだましかなぁ~

by mamineko110 | 2006-01-21 14:58 | 食べ物 | Comments(1)

新酒

この季節、火入れしていない新酒がでまわります。近所のスーパーで、小さい瓶を買ってきました。期待したような味ではなかったのですが、すっかり酔ってしまいました。食後爆睡。
kokichiさんのお酒は、くだもののような香りがします。ちょっとだけ、粕のにおいがします。
亡くなった同級生が持ってきたお酒は小布施の新酒でした。いただきものということでしたが、あんなおいしいお酒を他に知りません。すばらしいフルーティーな香りでした。折に触れ、彼のことを思うことが多いのですが、お酒でまた思いだしてしまいました。

by mamineko110 | 2006-01-20 01:14 | うだうだ | Comments(1)

わかります? このうだうだ

先日の自分の「うだうだ」でこう書いています。
議員になったいきさつ、なってからこれまでのことが、女性問題にしぼって書かれてありました。
読み返してみて思うこと。ここの女性問題って、タイトルは「女性議員は議会と自治体を変えるか」なんですけど、普通「女性問題」って違う意味にとりますよね。
つまり・・・・世の男性諸氏は、女性で問題を起こす人が多いということ。
男性問題ってあんまり聞きませんね。 女性問題も男性問題も、両性がいて起こってるんだけど・・・  ぬ! 男性の方から観た用語「女性問題」の方がよく聞くということは、人口は女性の方が多いにも関わらず、人間の一般形は男性だというこtになるのではないでしょうか?
わかります? このうだうだ。 

by mamineko110 | 2006-01-19 00:58 | うだうだ | Comments(0)

金時豆

秋に下仁田へ行った時、道の駅で豆を買いました。小豆のつもりでパントリーに、いつ使うともなくしまっておきました。
暮れに九州の実家から黒豆と豆の煮方のコピーが送られてきました。いつも、いただきものの黒豆があっても、ほんの少し食べてあとはずーと残っています。それであまり気乗りしませんでした。
でも「このやり方だとおいしいよ」と言われて。好奇心がムズムズ。
2カップのうち、1カップだけ炊いてみました。 おいしかった! ほんの2,、3日で食べきりました。
調子にのって、今度はぜんざいです。今年は寒いので、煮豆をすることで部屋が暖かくなるのも期待して。練炭があったころを思い出します。
昔、15日の鏡開きの前は小豆を炊いていました。大きな鏡餅があり、それを従業員の皆さんに食べていただくために、ぜんざいを作っていたのです。夕方の5時ごろにだすと人気でした。
今はたったの200グラムです。もう随分していないので、すっかり忘れていましたが、買ってきた袋の裏に料理法がかいてあります。あっさりとおいしくできました。
それを食べ切って、棚の奥の豆のことを思いだしました。とりだしてみると、小豆にしては粒が大きいです。形も違っているような・・・ これでぜんざいになるのでしょうか・・ 
スーパーの豆の売り場で見てみました。どうも金時豆、赤いんげんというのらしいです。
今日、炊いてみました。ぜんざい、あずきとはまた違ったおいしさです。煮豆は好きではなかったのですが、けっこうはまります。 父は大の煮豆好き、買ってきた豆がよく置いてありました。
家で作ったほうが、ずっとおいしいです。 今度、持っていってあげましょう。
母は不思議な人で、「忙しいから」としないことが多いのですが、きっかけがあると繰り返し作ります。
「鮎の印籠煮」もそうでしたし、最近では〆さばです。 今度は豆になりますように。

by mamineko110 | 2006-01-17 23:26 | 食べ物 | Comments(3)

水仙

庭師も入れていない雑然とした庭です。
日本水仙があるのはその中でも隅っこの条件のよくないところです。それでも、毎年まいとし、株が大きくなっていきます。
彼岸花科で毒があると聞いてから、水仙の類はあまり好きでなくなってしまったのですが、日本水仙は別です。さっぱりした姿かたち。風の無い日など、そこらあたりに芳香をただよわせています。
年内に咲いて、お正月に間に合うこともあるのですが、厳冬の今年はこの日曜日(15日)にやっと咲きました。これから次々開花していくのが楽しみです。

by mamineko110 | 2006-01-17 22:59 | 植物 | Comments(0)

うだうだ

今、夏の終わりに行った旅の思い出を書いています。その旅行へ行くきっかけになった友人のところへ、旅の資料を返しに行きました。
彼女は今度の市長選にでるというのです。 さもありなむ。
ある雑誌に載った抜き刷りをもらってきました。議員になったいきさつ、なってからこれまでのことが、女性問題にしぼって書かれてありました。あ~そうだったんだ・・こうだったんだ。
議員になって11年。もうそんなに経ってしまったとは・・・ 
このごろ人生は一度しかないことをつくづく思います。先をどうしようと思いつつ、今日もいつもと変わらぬ日をうだうだとすごしてしまいました。

by mamineko110 | 2006-01-17 00:21 | うだうだ | Comments(0)

13日の金曜日

今日は特に悪いことはなかったです。個人的にも世間でも。
昨日に引き続き、お刺身で食べたい適当なのが売ってないことぐらいですね。良くないことは。
あるときは連日良いのがあるんですよ。そういう時は、ネコさんも毎日はしっこがあたります。

今日は雨もよいのはっきりしない天気でした。こんな日は「まちかぶら」! 前日にいいさわらが手に入ったので「さわらとかぶら」
ところが買い物に行ってもいいかぶらがありませんでした。しょうがないので、「さわらと大根のまちかぶら風」 あと色どりにほうれんそうを入れました。ちゃんと、ふり塩をし、熱湯もかけてkから料理したのですけど、自分は食べられませんでした。魚くさいとダメなのです。タイかぶらだとOKなのですけど・・・
あとはイカといんげんの炒め物。これも敬遠。自分は牛肉を焼いたのだけ食べました。
もやし。ほうれんそう。トマト。

by mamineko110 | 2006-01-14 00:43 | 夕食メニュー | Comments(0)